遺言・相続

遺産分割協議

「相続財産をどのように分けるか」を、相続人全員で話し合って決めることを「遺産分割協議」といいます。1 遺産分割協議の進め方 相続が開始すると、被相続人(亡くなった人)の財産は相続人に承継されます。その財産はいったん相続人の全員共有財産となりますが、そのままでは各相続人の単独所有とならな…

取扱業務, 遺言相続

遺留分減殺請求

1 遺留分減殺請求とは 相続財産は、被相続人のものです。そのため、本来、被相続人は自己の財産を自由に処分できるはずです。亡くなる前に、誰に、どれだけ生前贈与してもよいはずです。また、遺言で、誰に、どれだけ相続させてもよいはずです。しかし、相続人の立場からすると、被相続人の財産を生活費にあて…

取扱業務, 遺言相続

寄与分

1 寄与分とは 寄与分とは、相続人の中に、被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした者がある場合に、他の相続人との間の実質的な公平を図るために、相続分以上の財産を取得させる制度のことをいいます。具体的には被相続人の家業に従事して被相続人の財産を増やした人、寝たきり状態の親を自宅で…

取扱業務, 遺言相続

特別受益

1 特別受益とは
特別受益とは、特定の相続人が、亡くなった方(被相続人)から生前贈与等により特別な利益を受けていたことをいいます。特別受益を受けた者を、特別受益者といいます。民法では、特別受益者の相続分を、特別受益分だけ減らすことによって 、他の相続人との公平を図っています。…

取扱業務, 遺言相続

相続手続

大事な方が亡くなった後の相続手続・・・単なる事務手続だけのものもあれば、大切な遺産をどう分配するか、というものまで様々です。あまりにやるべきことが多すぎて、混乱する方も多いようです。ここでは、相続手続において、 まず何をしなければいけないか、大体のスケジュールを書いていきます。.…

取扱業務, 遺言相続

遺言書の作成

遺言は、法律で作成の仕方が決められており、決められた様式に則って作成しなければなりません。作成の仕方は遺言の方式によっても異なりますので、注意が必要です。以下では自筆証書遺言と公正証書遺言の書き方についての説明をさせて頂きます。遺言書の作成に当たっては弁護士などの専門家に相談することをお勧め…

取扱業務, 遺言相続

成年後見制度(任意後見契約)

1 成年後見とは 高齢者や障害のある方々が、判断能力が不十分な場合、ご自分の財産管理も難しく、介護保険等の契約もうまく行かない場合があります、悪質商法の被害に遭い、思わぬ損害を被ることもあります。判断能力が低下した後も、安心して自分の意思のままに暮して行くために、影で支えるのが成年後見制度になりま…

取扱業務, 遺言相続

死後事務委任契約

1 死後事務委任契約とは 死後事務委任契約とは、委任者が、受任者に対し、自分の死後の葬儀や埋葬に関する事務についての代理権を付与して、自己の死亡後の事務を委託する委任契約です。任意後見契約・財産管理等委任契約は、判断能力が不十分な本人のため、財産管理等を行う契約ですから、本人が死亡した時点でそ…

取扱業務, 遺言相続