労働問題

労働紛争

企業から相談を受ける法律問題の中で、1番数が多いのは、従業員とのトラブル、すなわち労務問題です。1.労働紛争とは 労働紛争で多いのは、未払い残業代金の問題、パワハラ・セクハラ、解雇や退職をめぐる問題などです。就業規則の不備、従業員とのちょっとしたトラブルといった一見些細に思われた問題が、時…

労働問題, 取扱業務

従業員の解雇

日本の労働法制では、従業員を簡単に解雇できません。従業員に能力がない、そのような場合、経営者はつい、「解雇して当然」と思ってしまいがちです。しかし、日本の労働法制では、従業員を解雇するのは非常に難しいです。そこで、下記のような方法で、合意退職とするのが順当と言えます。…

労働問題, 取扱業務

未払い残業代と労働基準監督署

1 未払い残業代とは 未払い残業とは、残業代を払わずに残業させることで、サービス残業とも呼ばれます。
残業代の未払いが発覚すると、労働基準監督署から「是正勧告」されることになります。「是正勧告」に従って是正しなければ、書類送検となり、罰せられる可能性もあります。この「賃金不払残業」の「是…

労働問題, 取扱業務

退職金

1 退職金の発生根拠
退職金は、就業規則や賃金規定などに規定があると発生します。通常は、最終月の基本給×勤務年数×功績倍率により計算します。30年、40年勤続した従業員の場合、数千万円になることもあります。…

労働問題, 取扱業務